バックナンバー

注文住宅の有益情報

売却されている注文住宅の特徴

注文住宅を売却する際の注意

  • トップ /
  • 注文住宅を売却する際の注意

より高く注文住宅を売る方法

中古の注文住宅はなかなか売却することが難しいものです。自分でこだわりを持って設計した間取りや住宅の構造は家族構成や趣味が少し異なるだけで使い勝手が悪くなってしまうことが多く、一般の分譲住宅の中古に比べてもその査定価格が低くなってしまうことも少なくありません。分譲住宅は本来さまざまな要素を総合的に盛り込んでおりさまざまな面で使い勝手が良いことが特徴ですが、注文住宅の場合には個人のこだわりが一般的ではないため、同じ感覚を持っている人でないと住みにくいと考えられてしまうことが多いためです。しかし、これらの住宅にも様々な利点があります。第一に同じ趣味を持っていたり考え方を持っている人にとっては非常に理想的な住宅である場合が多いものです。本来新築で高額な金額でしか購入できないような住宅が安価に購入できることになります。また、その特徴を明確にし、生かすことで新しい使い道が考えられる場合には、さらに購入希望者が増えることも期待できます。注文住宅をより高く売却するためには、出来るだけその特徴を明確にアピールするとともに、利用方法を出来るだけ広く想定することが必要となります。これらのポイントを出来るだけ多く想定することでより多くの希望者を集めることができ、より高い金額で売却出来る可能性が高まります。

↑PAGE TOP